栽培お役立ち一覧表

家庭菜園で余った野菜の種の保存期間一覧【保存版】【随時更新】

こんにちは、小さな菜園ブロガーのRio(@Rio_reach)です。

ノン氏
2年前の野菜の種があるんだけど、まだ使えるのかな?

種の保存期間は、野菜によって異なります。

今回は、種の保存期間について一覧で見やすくまとめました。

種の保存期間一覧表

寿命 野菜
1〜2年 ネギ、タマネギ、ニンジン、ミツバ、ラッカセイ、シソ、ニラ、ゴボウ
2〜3年 キャベツ、レタス、トウガラシ、ピーマン、エンドウ、インゲン、ソラマメ、エダマメ、ゴボウ、ホウレンソウ、トウモロコシ、イネ、ムギ、ソバ
3〜4年 ダイコン、カブ、ハクサイ、カラシナ、ミズナ、タカナ、ナバナ、キュウリ、マクワウリ、カボチャ
4〜6年 ナス、トマト、スイカ、アズキ

※本表の値は、本州常温下で保存した場合の参考値です。
また、種の保存条件により寿命は前後します。

参考:
野口のタネ 新ダネと野菜種子の寿命について
ぱずーの農業日記 野菜の種の最適な保存方法!家庭菜園にも大活躍!最大数百年!

畑で役立つ覚え方

2018081004
ざっくりと、ネギ科の種の寿命が1年以内、残りの植物は保存可能と覚えておけばよいでしょう。
科目別では以下のような感じで覚えておきましょう。

科目別!種の保存の目安

ネギ科:寿命が短い。1年で使い切る。
マメ科、イネ科:ちょっと短め。2年以内には使いたい。
アブラナ科、ウリ科:まあまあ長め。3年以内には使いたい。
ナス科(ナス、トマト):寿命が長い。4年以内には使いたい。

種の保存方法


種は、日光が直接当たる場所や、高温多湿の場所を避け、温度と湿度が一定の場所に保存しましょう。

rio
湿度が高い場所に置かれると、種は「もう発芽してもいいのかな?そうではないのかな?」と迷ってしまい、体力を消耗してしまうと言われています。
また、急激な環境変化も種の体力を消耗する原因となります。

一番お手軽な場所は冷蔵庫の野菜室です。

rio
お菓子についている乾燥剤と一緒に保存してあげるとなお良いです!

ただし、冷蔵庫で保管した種は低温下での環境に順応しているため、いったん外に出すと、環境の急変で種の体力が消耗し、発芽率が落ちてしまうことがあります。

必要な分だけ種を取り出して、なるべく早くまくようにしましょう。

発芽するか不安な場合、発芽試験をしてみるのもアリ

ノン氏
数年前の種を見つけたのだけど、保存状態が良くなかったし、実際にどのくらい芽がでるのかわからないな…
どうしよう?

そんな時は、一旦発芽試験をやってみましょう。

ティッシュペーパー等を敷き、水をひたひたになるくらい加え、> 種を置いた後にラップを置いて発芽状況を見ます。
おそらく3日から1週間程度で発芽すると思います。

作物によりますがその結果が50%以下ならば新しい種を購入する方が良いでしょう。

引用:ぱずーの農業日記 野菜の種の最適な保存方法!家庭菜園にも大活躍!最大数百年!

基本的に新しい種の方が発芽率は良い

種は保存できるとは言っても、基本的に新しい種の方が発芽率は良いです。
ですので、失敗したくない場合や、ニンジンやホウレンソウなど、元々の発芽率が低い(発芽率65%くらい)野菜の場合は、新しい種を購入した方が手間もかからずに良いです。